肩こり・腰痛・冷え性を改善しながらダイエットが可能

Entries

先生に見てもらうから卒業し、自分でトレーニングすることにかえませんか? 木村気術院

  • <<  休館のお知らせ
  • >>  トレーニング研修パート2

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニング研修 パート1

  • 2008.12
  • 05

Edit153

 アメリカに 約1週間 自分自身の 体を鍛えなおしに行ってきました
 今回は 途中で古傷の膝を痛めたり トレーニングをやりすぎ 免疫力が落ち風邪を引いたり
色々な事がありましたが フィットネス大国アメリカのすごさをトレーニングに関わらず テレビや人 ショップ 食事など文化を通して感じることができました 
日本よりフィットネスが盛んな理由がちゃんとあるのです
  
 又 何故こんなに体が大きいのか 本当に肩こりの人は入ないのか?
  筋肉質の人は 体が堅いのか  ウエイトオーバーなのに腰痛は大丈夫なのか?
 回復力は高いのか 体が大きくなる原因は 食事 歩き方 立ち方など・・・・・・・・
 色々な疑問をもちながら日本を発ちましたが多くの収穫がありました

RUN

 まず トレーニング初日は ダンベルを基礎から行ないました 現在氣術トレーニングでは 全てフリーハンド 器具やダンベルなど使っていないので 来年の導入に向けて 検討のため実行しました
  もちろんメニューは 全て3333
スロートレーニングです 重くしなくてもいいので正確なフォームでできるのでいいです2 久しぶりにダンベル持ったのですが ハードでした でも スロトレーニングだったので 自分が考えていたより 関節に負担が掛からずに助かりました
学生時代は がんがん重たいものを上げていましたが 今振り返って考えてみると 断然スロートレーニングのほうが疲れます  いや効きますね 55555

   ダンベルトレーニング終了後 しっかり有酸素系の種目 スイム・ジャグジー・サウナ・ストレッチ
 食事・プロテイン・短時間睡眠をしたので 翌日筋肉痛起きずに済みました

普段 会員の皆様に指導しているので 久しぶりに自分自身の体をいじめてみて 辛さと又体の心地よさを実感できる一日でした
  
  第一日目終了



スポンサーサイト
  • <<  休館のお知らせ
  • >>  トレーニング研修パート2

人気記事ランキング

木村氣術院Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

  • pagetop
Copyright © 氣術トレーナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。