肩こり・腰痛・冷え性を改善しながらダイエットが可能

Entries

先生に見てもらうから卒業し、自分でトレーニングすることにかえませんか? 木村気術院

  • <<  氣術トレとリハビリ パート2
  • >>  開業のお知らせ

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氣術とは?

  • 2008.09
  • 02

Edit138

 現在木村氣術院では 氣術トレ【氣術能力アップトレーニング】のみを提供しております
 そこで今回は  氣術についてお話いたします


 氣術とは?
 私が 氣術をオリジナルテクニックとして開発したのには理由があります
  どのようなタイプの人が 治りやすいか
   この1点を注目して 治りやすいタイプは どのような肉体 精神をしているのか
この答えを見つけたことが始まりでした


そして 今までの整体であたりまえだった

 【揉む・叩く・引っ張る】 などを自ら禁止

     そして 自分自身でできるように

        【立つ・座る・歩く・深呼吸】 
                 症状の改善を目指す 事を始めたのです
       それが 【氣術】でした

ですから 一般の整体院に来るような
      肩こり・腰痛・ぎっくり腰・変形性膝関節症から
        
       偏頭痛・生理不順・生理痛・冷え症
         
         捻挫・打撲・筋肉痛も
    
   「立つ・座る・歩く・深呼吸」
        の生活の基本動作で改善させていたのです

 さらに進化し より健康な体の獲得
    痛みや症状が出ても 早期回復力をもった体の獲得を
目的とし 【氣術】プラス【トレーニング】で
   氣術トレが始まったのです

 ですから今回は その氣術に関して詳しくお話いたします

氣術は2004年に 木村氣術院 代表  木村 誠作により  
横山筋2点 ・ バッチフラワーレメデイー ・ カサハラ式アーチテーピング 
カイロ ・ ホメオパシー ・ カラーパンクチャー ・ エドガー ケーシー療法 ・PNF  
SOT・ 頭蓋骨矯正 ・ タッチホーヘルス ・ アクチベーター ・ポラリテイー・・・  

数多くのテク ニックを習得する過程で また多くの臨床経験により  
人によっては治るときは数秒単位で変化があるのは何故か?  

症状性別 急性痛・慢性痛・精神疾患・内臓疾患など まるで関係なく 
何故 効果が出やすい人・でにくい人 数秒単位で変化をする人を  
現場で数多く経験してきました 

このタイプの特徴は 【何か】がわかれば もしかしたら 今現存する 
各種テクニックは 数倍効果が出るはずではないか

 そこで氣術は まず始めに 各種テクニックの効果が出やすい身体【心・体】を  
施術をする前に 最初 【整える】ことに注目したのである。   

そうすれば これからの整体師は人を治すのではな く 
患者自身に体の良い状態を知ってもらい 
 積極的に自分自身で症状に向き合い 
改善してもらう事が健康への一番の近道ではないかという 
  想いから生まれた療法
  
  それが 【氣術】です

  驚くことに
 氣術で考える いい状態を維持することで
    今までの整体術がいらなくなってしまったのです
      基本的な 生活動作の 【立つ・座る・歩く・深呼吸】の改善
                                     が一番です

  より 正しく【立つ・座る・歩く深呼吸】するために
 トレーニングが有効と分かったわけです
 氣術から進化し
  氣術能力アップトレーニングになっております
  
 




 
スポンサーサイト

Comment

top

(編集・削除用)

Trackback

top

URL
http://kimurakizyutu.blog80.fc2.com/tb.php/138-b69cca0d
この記事にトラックバック(FC2Blog User)
  • <<  氣術トレとリハビリ パート2
  • >>  開業のお知らせ

人気記事ランキング

木村氣術院Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

  • pagetop
Copyright © 氣術トレーナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。